沿革

1955年 10月27日 沖縄製粉株式会社創立(商業登記完了)
1956年 製粉工場操業開始(日産能力60トン)
1957年 マッカーサー駐日大使、米国民政府長官レムニッツァー大将工場視察
1958年 工場設備18トン増設、日産能力78トンへ
1963年 QM(米軍調達部)へ試販小麦粉の売買契約締結、軍納入粉初出荷
1964年 コンクリート原麦サイロ完成(7,690トン)
米国小麦連合会よりキッチンカー譲受(翌年から県内各地で料理講習会を実施)
1965年 自動小袋詰機械(ゼネラルパッカー社製)の設置
1966年 創立10周年記念式典・祝賀会開催
1967年 第二工場完成(日産能力36トン)
1968年 第一工場、第二工場製粉ライン統合、日産能力160トンへ
1969年 ミックス粉製造機械設備を新設
1972年 本土復帰へ伴い、軍納粉の生産廃止
学校給食用小麦粉の生産開始
ふすま専増産制度適用、「増産ふすま」生産開始
1973年 製粉機械増設により、製粉工場日産能力200.2トンへ
1976年 自動小袋詰角底機械(ゼネラルパッカー社製)の導入
1977年 鋼板製原麦サイロ竣工(7,968トン)、新旧合わせて15,658トンの原麦サイロの完備
1983年 小麦粉加工食品の研究施設サービスセンター新設
1985年 小麦粉サイロ完成(当時950トン、現在1,116トン)
1987年 ロール機2台、ピューリファイヤー3台、シフター3台をビューラー・ミヤグ社製に更新
1988年 ロール機5台ビューラー・ミヤグ社製に更新
1991年 自動小袋詰角底機械更新
1996年 創立40周年記念誌「アジア麵食の道」発行
1997年 乾麺工場設備工事完了、手延べそうめん生産開始
1999年 精選機械一式をビューラー社製に更新
2000年 株式会社麸久寿(製麩工場)設立
2003年 アクアクララ工場完成、アクアクララ製造開始
2004年 特産流通事業部の新工場竣工
創立50周年特別企画「沖縄のお菓子(全23回)」沖縄タイムス社掲載
2005年 業務用ミックス粉生産ライン移設
2007年 ふすま用袋詰機の更新及び口封機新設
2008年 ロボットパレタイザーを導入
2009年 保税蔵置場の資格登録
2010年 家庭用ミックス生産ライン・ウコン製品生産ラインへX線異物検出装置を導入
創立55周年記念「沖縄の食文化」発行
2011年   日本健康・栄養食品協会より健康補助食品GMP認定取得(特産流通事業部)
2013年 小麦粉及び小麦粉関連製品(ミックス粉)製造に関するISO22000:2005認証取得
ベーカリーショップ「smile factory(スマイルファクトリー)オープン」
2014年 ドーナツカフェ「BALL DONUT PARK(ボールドーナツパーク)」オープン
   

1955年 沖縄製粉株式会社 創立
















サイト内検索

カレンダー
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

2018年09月



沖縄製粉は琉球ゴールデンキングスを応援しています

アクセスマップ


 本社
 小麦粉、小麦粉関連製品
 (ミックス粉)認証取得