『サーターアンダギーミックス』についての質問集

Q:揚げ温度は何度が良いのですが?
A:140℃〜150℃で揚げて頂くのが最適になっております。
それより高いと中まで火が通る前に表面が焦げ付いてしまいますし、それより低いと油を多く吸ってしまいべたべたしたアンダギーになります。
また、奇麗な割れを作る為にもこの温度が最適になっております。
温度計はホームセンター等で揚げ物用の200℃温度計がありますので、そちらをご用意くださいますと、奇麗で美味しいサーターアンダギーを作って頂けます。

Q:温度計無しで揚げ温度を確認する事はできますか?
A:140℃〜150℃で揚げて頂くのが最適になっておりますので、各種ホームセンター様で揚げ物用の200℃温度計をご用意して頂くのが一番良い方法ですが、無い場合でもご確認する方法はございます。
米粒程度の大きさのサーターアンダギー生地を揚げ油に入れて、約5秒位で上に浮いてきます。
すぐに浮くと温度が高い、時間がかかるようですと温度が低いので調整して下さい。
30gの生地を入れると約1分前後で浮いてきますので、そちらを目安にして下さい。

Q:どの程度の柔らかさが最適ですか?
A:やや粘りのある、耳たぶ程度の柔らかさが最適になっております。

Q:手にくっつくのですが、何かコツはありますか?
A:生地を取る際に、指やてのひらにサラダ油を塗って頂くと、手にくっつかずに奇麗に丸められます。

Q:寝かせはどれくらいがいいのですか?
A:室温で30分から1時間程度寝かすことで、卵や油がなじみ、全体的に安定した生地になります。
また、冷蔵庫で一晩寝かすことで、さらに安定度はまします。
しかし、卵が入っているので、1日以上の長期間の寝かせはお控え下さい。

Q:柔らかすぎるのですが、卵や油を減らすしかないのですか?
A:冷蔵庫で寝かすことで、生地が硬くしまって扱いやすくなります。
卵や油の量を減らすと扱いやすくはなりますが、ごわごわとしたサーターアンダギーになってしまいますので、お控え下さい。
また、生地の温度が低くなりすぎますと揚げた際に形が悪くなりますので、15℃くらいになるようにして頂くのが良いと思います。

Q:サーターアンダギーミックスは他のお菓子にも使えますか?
A:カップケーキやクッキー、ホットケーキ等も作る事ができます。
詳しいレシピは今後配信していく予定です。

サイト内検索

カレンダー
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

2018年09月



沖縄製粉は琉球ゴールデンキングスを応援しています

アクセスマップ


 本社
 小麦粉、小麦粉関連製品
 (ミックス粉)認証取得