ブッシュドノエル

 ブッシュドノエル(1本分)
・天板(約28cm×28cm)、クッキングシート
・大きめのボール、ふるい

・泡立て器、ハンドミキサー

・カード、ゴムベラ、木ベラ
・はかり、温度計
・包丁、まな板、パレットナイフ(あれば)、網

  ・オーブン(200℃に予熱しておく)
 

  

 60g

 M玉4個(200g)
 130g
 20g
 20g
 25g
 
 60g
 400ml

 1本
【スポンジ生地】
 ・羽衣(薄力粉)

 ・全卵
 ・上白糖
 ・ココアパウダー
 ・バター
 ・牛乳

【チョコレートクリーム】
 ・板チョコレート(加糖のもの)

 ・生クリーム
【飾り】
・チョコペン

【準備】
・材料を全て計量し、道具をそろえ、オーブンを200℃に予熱する。
・天板にクッキングシートを敷く(今回は2枚のクッキングシートを十字に敷いた)
・バターと牛乳を合わせて電子レンジで温める。使用時には50℃にする。
・湯せんの湯を用意する。使用時には60℃にする。
・羽衣(薄力粉)とココアパウダーをあわせて3回ふるう。

【スポンジ生地】
(1)大きめのボールに卵を入れ、泡立器で溶きほぐします。上白糖を加え砂糖のざらざら感がなくなるように混ぜ溶かす。
(2)湯せんの湯を60℃にし、(1)を湯せんにかけ、泡立器でかき混ぜる。湯からはずし、卵の温度が30〜35度になればよい。温度が超えてしまった場合は、そのまま置き温度が下がるのを待つ。・・・a
※湯せんの湯が高いと蛋白質が固まる。卵の温度が低いと砂糖が溶けきらない、泡立ちが弱くなる。
(3)適温なったら、ハンドミキサーの高速で7分30秒、低速で4分かける。途中ゴムベラでボウルにくっついた卵液を落とし、ムラのないように泡立てる。・・・b
(4)ふるった羽衣+ココアパウダーをパラパラと加え、ゴムベラで手早く約30回混ぜる。混ぜすぎない。
※油や粉を入れると、気泡が潰れるのですばやく行う。出来るだけ、気泡を潰さないように混ぜる。
(5)バター+牛乳を溶かしたものを50℃調節し、生地をゴムベラでひとすくい入れ、泡立器で手早く混ぜる。・・・c
※バター+牛乳(液体)をそのまま生地に入れると混ざりにくく、気泡が潰れる原因となる。
(6)(5)を(4)に加え、ゴムベラで手早く混ぜる。目安は18〜20回。混れば良い。混ぜすぎない。・・・d
(7)用意した天板に生地を流し入れ、生地表面を平らにし、天板の四隅までカードできっちりのばす。・・・e
(8)すぐに予熱したオーブンに入れ、設定温度を180℃に下げて14分焼く。
(9)焼けたら天板から出して網にのせて冷ます。粗熱が取れたら、ラップをしておく。・・・f

【チョコクリーム】
(1)ボウルに刻んだ板チョコレートを入れ湯せんで溶かす。

(2)生クリームを少しずつ加えダマにならないように泡立器で溶きのばすように混ぜる。・・・g
(3)チョコクリームがゆるくなったら、残りの生クリームを加え、氷水のボウルで冷やしながら通常のホイップクリームと同様に8分立までホイップする。・・・h

【デコレーション】
(1)生地が十分に冷えたら、敷き紙をはずし、綺麗なクッキングシートにのせる。
(2)生地にチョコクリームをのせパレットナイフで塗る。ロールケーキの芯になる部分を作り、クリームを多めに塗っておく。・・・i
※生地が温かいと生クリームが溶けるので、生地は十分に冷ましてから行う。
(4)クッキングシート持ち、クリームを厚く塗った部分を芯にして、ゆっくり丁寧に反対側へ転がし生地を巻いていく。・・・j
(5)生地がクリームとくっつくように軽く抑えて形を整え、クッキングシートで包んだままラップをかけて、冷蔵庫で30分程度置きなじませる。
(6)ケーキの両端を切り落とし、枝の部分を作っておく。
(7)枝を付ける部分を決め、チョコクリームを塗り枝を付ける。
(8)生地全体にチョコクリームを塗り、フォークで幹の線を入れる・・・k
(9)チョコペンで年輪を描き、皿に移し、サンタなどのクリスマスの飾りを付ければ完成・・・l

 a

b 

 c

d 

 

           
       

 e

 f

 h

 

 

 

 

i

j

k

 

 

 

   

サイト内検索

カレンダー
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

2018年09月



沖縄製粉は琉球ゴールデンキングスを応援しています

アクセスマップ


 本社
 小麦粉、小麦粉関連製品
 (ミックス粉)認証取得